【新しい自分に出逢える】美容整形のすべて

ダウンタイムとは

女性

美容外科で施術を受けると医者から「ダウンタイム」という言葉を言われることでしょう。 福岡でも多くの美容外科があるため、施術を受けたこと無い方も聞いたことはあるかもしれません。 ダウンタイムというのは日常生活の支障がなくなるまでの時間のことを言います。ダウンタイムには大きく分けて4つあります。「痛み」「腫れ」「内出血」「抜糸」が4大ダウンタイムです。
1つ目の痛みですが、美容外科で受けた施術後に痛みを感じることがあります。その痛みは美容整形でよくあることで、病気でお腹にメスを入れた手術後に痛くなるのと同じ様なことです。ですが、時間が経てば、痛みが徐々になくなり、手術前の生活に戻れます。箇所にもよりますが、約1~2週間で痛みが緩和するでしょう。
2つ目の腫れのダウンタイムです。顔の整形は福岡以外でも、多くの方が受けられる施術箇所として人気です。顔やまぶたの整形には腫れが付きものです。しかし、多くの方が腫れのダウンタイムのイメージはわからない方が多く、術前にどのくらいの腫れになるのか、腫れがおさまる期間はいつまでなのか詳しく美容外科で確認する必要があります。
3つ目の内出血についてですが、このダウンタイムが多いのが脂肪吸引です。広範囲に内出血がでる場合があるため脂肪吸引をする前に納得するまでダウンタイムの説明を聞いてください。またプチ整形で行なう注射でも内出血をすることもあるので要注意です。
最後の4つ目、抜糸です。福岡の美容外科で行なう施術のほとんどで糸を使用することが多くあります。そのため糸には溶ける糸、溶けない糸の2種類があります。手術内容によってどちらを使用するのか変わります。抜糸をする場合は約5~7日後を言われています。しかし、溶ける糸の場合は溶けるまでに約3~4週間もかかるため、ダウンタイムは長めになります。
日本には多くの美容外科があり、美容整形を受けた方はたくさんいます。もし福岡で美容整形を受ける場合は必ず1~10まで、しっかり確認してください。その確認をする、しないでは術後の生活でストレスを感じてしまいます。ダウンタイムについて理解することでそのストレスも軽減することも可能です。

Go to Top